ペイントされたトリ

映画「異端の鳥」を見てきました。

原題は「The painted bird」だそうで。

ストーリーとしてはホロコーストから逃れるようにしてきた少年が数々の災厄に出会いながら生き抜いていくという感じ。

f:id:cream_coo_0308_0502:20201025223114j:plain

ホロコーストの残酷さというより、彼を取り巻く人々の残酷さに吐き気さえ覚える感じでした。

3時間弱の映画でほとんどセリフがなく、映像を見ながら背景を想像するという映画で、また、そこで出会った人とのエピソードごとに章が分かれている構成でした。個人的にはこの形式はちょっと苦手です。

しかもその出会う人たちが変な人ばかりで、少年が徐々に壊れていくのがよくわかります。

 

ここのところ結末に救いがない映画ばかり見ていてなんとなく鬱々してましたが、今日は極め付けでした。